不便が欲しい

今日は自宅の引っ越しの契約のため、雨の中四ツ谷へ。

50平米の2DKから30平米のワンルームに引っ越すので、正直テンションは上がらない。。

今回の引っ越しの理由は色々あるけど、一番は「不便になりたい」「足りない状態にしたい」ということだった。

今の家に不満はないというか、むしろめちゃくちゃ過ごしやすいのだけど、色々行き届きすぎてて、何か大事な感性が失われていっている気がしていた。

明らかに自分にはオーバースペックだと感じていたので来年の更新時期に引っ越すことは決めていたんだけど、それまでダラダラと無駄だと感じる家賃を払うくらいだったら、サッサと引き払ってしまおうと思って引っ越した。

もともと物が多い方では無いし、1つ前の部屋が30平米くらいだったので、そのくらいあれば十分かと思って探してみたけど、職場近くの方は家賃相場が少し高くて、なかなか折り合いがつかなかった。

結局中野から中野への引っ越しとなった笑。

物がありすぎると、本当に自分が必要なものかどうかが分からなくなる。

生活コストって、放っておくといつのまにかどんどん増えていきます。時々意識して断捨離していかないといけないですね。

家賃は今までの半分以下になりました笑。

浮いたお金は本当に自分に必要なことに使いたいと思います。

とりあえずはヨーロッパ旅行かなぁ。

この記事を書いた人

mako110

原宿でWEBディレクターをやっています。
WEB業界に携わって約15年。独立して7年目です。
自分らしく、働きやすく、周りの人の役に立つ。
そんな仕事をゆるゆるとやっています。