仕事とはアウトプットの事である

最近少し思ったこと。

「仕事の質」って何か。そもそも「仕事」とは何かって考えると、
とどのつまり、アウトプットだなと。
アウトプットの質こそが仕事そのものの価値であり、
そのアウトプットを高めるために日々精進するのが、
プロフェッショナルなのだと思います。

ピカソがマーケットを歩いているときに、ある女性が近づいてきた
「ピカソさん、この紙に絵を書いてくれませんか?」と頼みました。

ピカソは、その紙にサラサラと絵を書きました。
大体30秒くらいでしょうか。小さいながらもそれは美しい絵だったそうです。

ピカソは、絵の描かれたその紙を女性に渡しながらこう言ったそうです。
「この絵の値段は100万ドルです。」

女性は言いました。
「ええっ!たった30秒で書いた絵が100万ドルですか!?いくらなんでも高すぎます!!」

するとピカソは言いました
「違います。この絵を書くのにかかった時間は30年と30秒です」

これこそが、仕事の本質かなと思います。

30秒のアウトプットの後ろ側には、30年の修練の蓄積があるわけです。

自分もアウトプットの質を高めるために、日々精進していきたいです。

この記事を書いた人

mako110

原宿でWEBディレクターをやっています。
WEB業界に携わって約15年。独立して7年目です。
自分らしく、働きやすく、周りの人の役に立つ。
そんな仕事をゆるゆるとやっています。