スタンド花の回収業者は、今後面白いビジネスになるかもしれない。

みなさん、スタンド花ってご存知ですか?

スタンド花とは、足の付いたスタンド台やカゴなどにお花を飾り付けたアレンジ花で、
主に開店祝いや、コンサート公演など、お祝いの席に贈られます。
背丈が高いため遠くからでもよく目立ち、ゴージャスな感じがするので
大切な人のお祝いの席に、好んで贈られる方が多いです。

最近お手伝いしているお花屋さんのネットショップでも、
スタンド花はたくさんご注文いただいています。

上記のように人気のスタンド花なのですが、
いくつか弱点がありまして。。。

スタンド花は宅配業者に委託することが出来ません。

つまり、クロネコヤマトや佐川急便さんに
お花屋さんの代わりに宅配してもらうことが出来ないんですね。
なので、基本的にスタンド花は、お花屋さんが自社配送しているのです。

また、スタンド花は、お花のアレンジだけでなく、
「スタンド台」や「カゴ」がセットになっているのですが、
これらの備品については、処分する必要があるのです。
なので、基本的にお花屋さんはスタンド花を届けた後、
スタンド台やカゴの回収日を、会場の管理者などと話し合って決め、
後日回収に行くことがルールになっているのです。

それで、最近お手伝いしているお花屋さんのオーナーに聞いたのですが、
最近の劇場やコンサート会場は、そのスタンド花のスタンド台を回収できない場合、
スタンド花を受け取ってももらえないところが増えてきているようです。

どうしてかというと、
お花屋さんの中には、スタンド台やカゴを放置して
そのままにしてしまうお店があるからだそうで。。

そうすると、大きな備品を処理できず困ってしまうため、
先に回収日などを決定しない業者に関しては、
そもそもスタンド台を置かせないといったことがあるようです。

逆に言えば、スタンド台の回収作業というのは会場にとってもお花屋さんにとっても
悩ましい問題なんですね。。

調べたところ、スタンド台の回収を専門で対応している業者はなさそうで、
いくつかのお花屋さんがサービスとしてやってる感じみたいです。

これ、やり方によってはスタンド花の回収業者として専門にできる気がします。
特にスキルや専門知識が必要ないので、すぐにまねされそうですが。。

ちょっと、今のところ自分ではやるつもりはないですが、
もう少し調べてみて、さらにビジネスチャンスを感じたらやってみても面白いかも知れません。

その前にやらないといけないことは山ほどあるんですが。。
ちょっと妄想してみました。

それでは。

役に立った 0

役に立ったボタン設置してみました。是非押していってくださいm(__)m(2020年4月17日設置)

この記事を書いた人

mako110

原宿でWEBディレクターをやっています。
WEB業界に携わって約15年。独立して7年目です。
自分らしく、働きやすく、周りの人の役に立つ。
そんな仕事をゆるゆるとやっています。