あなたのサイトの評価を下げるゾンビページとは?

先日、SEOに関する非常に内容の濃いページを見つけました。

この中にあったゾンビページという考え方が面白かったので、
これについて書きたいと思います。

ゾンビページとは

ゾンビページとは、「あなたのWEBサイト内にある、『価値のない』ページのことです。」
サイト内にゾンビページが多いと、SEOの評価を下げる一因となります。

ゾンビページとされるページ

ゾンビページと認識されるページは以下のものになります。

  • 内容がほとんどないページ
  • アクセス数が0のページ
  • 内容がほとんどないページ
  • 検索結果ページ・カテゴリページ・タグページ

これらのページがあまりに多いと、ゾンビページとして認識され、
サイトの評価を下げてしまう一因となる可能性があるようです。

ゾンビページの対処方法

ゾンビページの対処方法としては
「サイトコンテンツを整理して、不要なページを取り除く」
「該当ページにnoindexを入れて、評価対象から外す」

という方法があります。
現状の運営状況によって使い分ける必要がありますね。

SEOに関する考え方や試作方法も日々進歩しています。
常に情報をアップデートして、最適な施策を行っていかなければいけません。

では。

この記事を書いた人

mako110

原宿でWEBディレクターをやっています。
WEB業界に携わって約15年。独立して7年目です。
自分らしく、働きやすく、周りの人の役に立つ。
そんな仕事をゆるゆるとやっています。