今じゃ考えられない!?昔あったサッカーのルールまとめ

先日

という記事を書きましたが、サッカーのルールは毎年ちょっとずつ変化していきます。
そのため、昔からサッカーをしている人からすると、
「いつの間にそんなルールが!!??」ということも少なくありません。
逆に言うと、最近サッカーを見始めた人や、
子供たちには信じられないようなルールが昔はありました。

バックパスを普通にキーパーがキャッチできた

これは、確か30年前くらいに変わったはずです。
当時小学生だった私は、ルール変更を知らずに試合で普通にバックパスをしてしまい、
キーパーがキャッチしたため、間接フリーキックになり驚愕したことを覚えています笑。

このルールを悪用することで、露骨な時間稼ぎが出来てしまうため、1992年のルール改正により、
「味方からのバックパスをキーパーが手で扱った場合、相手チームに間接フリーキックが与えられる」
ようになりました。

スローインで投げたボールもキャッチできた

同様に、スローインについてもキーパーにキャッチすることが出来ました。
なので、自陣近くでのスローインはキーパーに返したりしてました。
これも、バックパスと同じように、勝っているチームが時間稼ぎをすることが出来るため禁止になりました。

キーバーはボールを手で扱った後、ドリブルしてからもう一回手で扱うことが出来た

現在では、キーパーは一度ボールをキャッチしたあと足でボールを扱った場合、
もう一度ボールを手で扱うことは出来ませんでしたが、昔は出来ました。
これも時間稼ぎが出来てしまうため、禁止になりました。

キーパーはボールを持って、5歩以上歩けなかった

昔はキーパーはボールをキャッチした後、5歩以内でボールを蹴ったりスローインをする必要がありました。
でも、ほとんど守れる人がいなかったというか、これで反則になると非常に白けるので笑、廃止になりました。

・・・

他にもいろいろあったと思いますので、
ちょくちょく追記していきたいと思います。

では。

この記事を書いた人

mako110

原宿でWEBディレクターをやっています。
WEB業界に携わって約15年。独立して7年目です。
自分らしく、働きやすく、周りの人の役に立つ。
そんな仕事をゆるゆるとやっています。