自宅作業の効率を最大化するためのやっていること

皆様こんばんは。いかがお過ごしですか?
弊社は新型コロナウィルスの影響を受け、2月末からテレワークを初めました。
業界としても、結構早いタイミングでの判断だったのではないでしょうか。
まあ、従業員も少ないので、特に難しい決断ではありませんでしたが。

ということで、在宅ワークを初めてそろそろ2ヶ月となります。
もともと個人事業主の時は自宅で作業していたので、特に目新しことはありません。
しかし、スタッフの中には在宅ワークが初めてという方もいたので、
その時のアドバイスをもとに、テレワークでの仕事効率を最大化するためのテクニックをいくつか紹介します。
それぞれの働き方によって変わると思いますので、あくまでも参考程度にしていただければ幸甚です。
ではどうぞ!

ちゃんと着替える

これは基本ですね。
当たり前ですが、絶対にパジャマで仕事をしてはいけません。
外出予定がなくても、必ず着替えてから業務に取りかかりましょう。

仕事に取り掛かるにはある種の「スイッチ」を入れることが重要です。
「仕事部屋」なんてものがあればスイッチを入れやすいのですが、
当たり前ですが、そんなものを持っている人はほとんどいません。
なので仕事を始めるときに「着替える」ことで、
「よしやるぞ」という気持ちにすることが大切です。
突然ZOOMで打ち合わせを要求されることもありますしね笑。

通勤時間のかわりに運動をする

弊社は始業が10時なので、多くのスタッフは9時くらいに家を出て
9時45分くらいに事務所に来ていたのですが、
通勤時間が無くなったことで、今までより遅くまで寝ている人がいることが発覚しました。
それはそれで否定はしないのですが、できれば浮いた45分は朝の運動に充てたいところです。
朝運動することで、代謝が上がり、一日の消費カロリーが増えて肥満の予防になるだけでなく、
代謝が上がることで集中力も上がることが医学的に証明されています。
可能であれば、通勤時間分、軽い運動を行うようにしましょう。

ポモドーロ・テクニックを活用する

ポモドーロ・テクニックは、集中力を高めるためのテクニックで簡単に言うと
「25分仕事して5分休む」を繰り返す方法です。
多くの人は「50分やって10分休む」というスパンだと思いますが、
実際やってみると、短い時間で区切った方が、
時間に追われて作業スピードが上がる実感があると思います。
「ポモドーロ・テクニック」で検索すると、多くのアプリが出ていると思いますので、
やったことがない人は、是非一度試してみてください。

メールは決まった時間に見る

これは自宅勤務に限らずですが、
メールやチャットはある程度時間を決めてまとめて返すことをお勧めします。
特にテレワーク中は、メールやチャットの連絡が頻繁に来ますが、
そのために脳のリソースを割くと、なかなか集中することが出来ません。
なので、メールやチャットのチェックは、決まった時間に行うことをお勧めします。
自分はポモドーロ・テクニックを4回繰り返した後、長い休憩をとる前に軽くメールをチェックし、
仕事再開の時にまとめてメールを返すようにしています。
これであれば、最大でも2時間以内に返信できますので。
それより急ぎだったら、多分電話がかかってきますしね。

ご褒美を用意する

一つの仕事が終わったら、ちょっとしたお菓子を食べるなど、
何かしらのご褒美を用意します。
個人的には「ガルボ」か「チョコアーモンド」がおススメですね笑。
一人で仕事をしていると、なかなか誰にも褒められませんので笑、
そういう時は自分で自分をほめてあげましょう。

・・・

いかがでしたでしょうか。
他にもいろいろあると思いますが、とりあえず自分はこんな感じでやってます。
どなたかのご参考になれば嬉しいです。

それでは。

役に立った 5

役に立ったボタン設置してみました。是非押していってくださいm(__)m(2020年4月17日設置)

この記事を書いた人

mako110

原宿でWEBディレクターをやっています。
WEB業界に携わって約15年。独立して7年目です。
自分らしく、働きやすく、周りの人の役に立つ。
そんな仕事をゆるゆるとやっています。