37歳になりました。

先日、37回目の誕生日を迎えました。

37歳の誕生日というのは、生まれてから13514日目、1930週と4日、444ヶ月目にあたるようです。
数字は掛けたり割ったりすると、また違った見え方がするから面白いですね。

さて、明けて本日4月10日は、今年に入って100日目になりますが、
今年これまでで一番ショッキングな出来事と言えば、やはりイチローの引退かなと思います。
自分が小学生の時から活躍をしていて、毎日2本ヒットを打つのが当たり前で、
パワプロでイチローを使うと、「これ空振りする方が難しいんじゃねーか」
ってくらいチートな設定になっていたのが懐かしいです。

イチローが大リーグに挑戦してからは、毎日成績を見るのが楽しみで仕方ありませんでした。
他にも好きなスポーツ選手はたくさんいますが、活躍していた期間の長さや、
大リーグやWBCでの偉業を考えると、やはりイチローは我々世代のスーパーヒーローだなと思います。

そんなイチローですが、
37歳になる2010年シーズンでは、大リーグでの年間200本安打を10年連続で達成しますが、
37歳でシーズンを迎えた翌年で初めて200安打と3割を逃し、
それから引退までこれを再度達成することはありませんでした。
他のスポーツ選手を見てみても、アスリートにとっての37歳とは、そういう年齢なのだと思います。

しかしながら一方で、タモリが37歳で始めた「笑っていいとも!」は、
その後30年以上国民的テレビ番組として親しまれることとなり、
また藤子・F・不二雄は、ドラえもんの連載を37歳の時に開始し、
これもまた世界的&国民的なアニメキャラクターとなりました。

そう考えると、今までの経験を活かして新しいチャレンジをし、
人生の代表作と言えるものに取り掛かるタイミングもまた、
37歳であると言えるかもしれません。

そういうわけで、
今年は自分の人生の代表作となる何かを始める一年なのかなと勝手に解釈しております。
それがなんなのかはまだちょっと分からないのですが、
そういう心算で1日1日を大切に全力で過ごしていく所存です。

引き続き何卒よろしくお願いしますm(_ _)m

あの人の37歳

イチロー:大リーグで10年連続200本安打(2010年)
タモリ:森田一義アワー 笑っていいとも!(1982年)
藤子・F・不二雄:ドラえもん連載開始(1970年)
織田信長:比叡山を焼き討ち(1571年)

37歳設定の漫画・アニメキャラクター

・星一徹(巨人の星)※諸説あり
・シャンクス(ONE PIECE)

37歳で亡くなった人

・マリー・アントワネット(1755-1793)
・宮沢賢治(1896-1933)

この記事を書いた人

mako110

原宿でWEBディレクターをやっています。
WEB業界に携わって約15年。独立して7年目です。
自分らしく、働きやすく、周りの人の役に立つ。
そんな仕事をゆるゆるとやっています。